アドワーズ ぞう
ぞう
ぺんぎん
ぺんぎん
きつね
きつね
たぬき
たぬき
きつね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

まくがた 膜型 名詞

Google
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs

対策
評価
親父












ムルターンは、南アジアの中でも最古の都市のひとつである。サンスクリットで、M?lasth?nという言葉が現在の都市の名前の由来である。これまでの考古学調査からムルターンは、モヘンジョ・ダロあるいはハラッパーなどと同時期に興った都市の1つであると考えられている。古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』では、Mal?vaで登場した。
マフムード1世。ムルターンを征服した。ムルターンを最初に征服した外国の勢力はアレクサンドロス3世であるといわれている。その後、ムルターンは、グプタ朝の領土の一部になった。712年、シンド人に引きつられる形でイスラーム勢力がムルターンに侵攻した。イスラーム勢力を率いたのは、ムハンマド・ビン・カースィム(en:Muhammad bin Qasim)であった。カースィムの侵攻により、ムルターンにもイスラームがもたらされることとなったが、ムルターンはそれでもなお、一独立勢力として維持してきた。しかし、1005年、ガズナ朝のマフムード(en:Mahmud of Ghazni)であった。マフムードは、ムルターンにあった太陽寺院や偶像の破壊を実施した。
ムルターンの中世は、スーフィズムの中心であったことが分かっている。その証は、現在のムルターンには数多くの聖者廟(ダルガー)が残されていることから明らかである。例えば、モンゴルの征服時代に、殺戮を止めるように説き伏せた聖者バハー・ウル・ハックのダルガー、「世界の柱」を意味するシャー・ルクネ・アーラム(建設は14世紀のトゥグルク朝時代、もともとはトゥグルク朝の皇帝ギャースッディーン=トゥグルクが自らの廟のために建設した)、1380年ごろに建設されたシャー・シャムス・タブレーズのダルガーなどである。



対策/あえんか 亜鉛華 固有名詞

対策/あえんかでんぷん 亜鉛華デンプン 固有名詞

対策/あえんかなんこう 亜鉛華軟膏 固有名詞

対策/あえんかなんこう 亜鉛華軟膏 名詞

対策/あえんけつぼうしょう 亜鉛欠乏症 名詞

対策/あえんたいしゃしょうがい 亜鉛代謝障害 名詞

対策/あおいびる 葵ビル 固有名詞

対策/あおうだん 亜黄疸 名詞

対策/あおじろ 青白 名詞

対策/あおはぶ アオハブ 名詞

対策/あか アカ 名詞

対策/あか 赤 形容詞

対策/あが 上が ら行五段

対策/あかい 亜界 名詞

対策/あかぎれ 胼 名詞

対策/あかしじあ アカシジア 名詞

対策/あかしひょうじゅんじ 明石標準時 名詞

対策/あがって 上がって ら行五段

対策/あがの 阿賀野 姓

対策/あかめがしわえきす アカメガシワエキス 固有名詞





































情報

スポンサーサイト

theme : 腐女子日記
genre : 日記

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。